TOPICS
お知らせ

  • お知らせ
  • 全エリア共通

研究開発 ~乳酸菌発酵果実飲料と花粉症について~

株式会社ヤクルト本社では、スギ花粉症患者を対象に、乳酸菌「ラクトバチルス プランタルム YIT 0132」による発酵果実飲料の飲用試験を、スギ花粉飛散時期(2~4月)に実施した結果、スギ花粉飛散に伴う症状やQOL(生活の質)の悪化を抑制する効果が確認されました。(2014.12.10)

※詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 

株式会社ヤクルト本社と国立病院機構下志津病院の鈴木修一小児科医長は、スギ花粉症症状を有する方を対象に、乳酸菌「ラクトバチルス プランタルム YIT 0132」を含む発酵果汁飲料の継続摂取試験をスギ花粉飛散時期に実施しました。その結果スギ花粉症症状を軽減し、過剰なアレルギー反応を制御する細胞(制御性T細胞)の減少を抑制することを確認しました。(2019.12.11)

※詳しくはこちらをご覧下さい。

 

TEL:028-657-8960 FAX:028-656-6127
フォームでお問い合わせはコチラ