TOPICS
お知らせ

  • お知らせ
  • 全エリア共通

ヤクルトワールドPart.5 腸内フローラを崩す要因

腸内で有害菌(ヒトの体にとって悪いはたらきをする菌)が増えると、摂取した食べ物に含まれる成分から腐敗物質や有害物質が多くつくられてしまいます。
健康を維持するためには、腸内フローラを有用菌(ヒトの体にとって良いはたらきをする菌)が優勢な状態に保つことが大切です。
しかし腸内フローラのバランスは、様々な要因によって崩れてしまいます。

 

食習慣
日本人の食習慣が、次第に欧米食ともいえる肉を中心とした高脂肪・高たんぱく質の食事へと変わってきたことで、腸内フローラにも影響を与えています。

加齢
年をとると、消化管の機能が次第に衰え、腸内フローラにも変化が見られます。特に高齢者は、有用菌が減少し、有害菌が増加するといったことが分かっています。

    ↑腸内フローラを崩す要因

 

TEL:0120-47-8960

FAX:028-656-6127

フォームでお問い合わせはコチラ