TOPICS
お知らせ

  • お知らせ
  • 全エリア共通

ヤクルトワールドPart.20 Yakultの乳酸菌の感染防御作用①

食中毒の原因となる腸管出血性大腸菌O157(以下O157)は、志賀毒素を作り、感染すると重症化しやすい恐ろしい病原菌です。

 

【乳酸菌シロタ株によるO157感染防御】

ウサギを2つのグループに分け、一方には約10億個の乳酸菌シロタ株を10日間毎日与え、もう一方には与えませんでした。乳酸菌シロタ株を与えたウサギでは、腸内におけるO157の増殖と志賀毒素の産生が抑えられ、特異的lgA抗体濃度の上昇が確認されました。

 

【ビフィズス菌BY株におけるO157の感染防御】

乳酸菌シロタ株にO157の感染防御作用が認められたように、ビフィズス菌BY株についても同様の結果が確認されています。あらかじめビフィズス菌BY株与えたマウスでは、腸内における志賀毒素の産生が抑えられ、O157の感染による死亡はみられませんでした。

 


乳酸菌シロタ株を含む飲料

ビフィズス菌BY株を含む飲料


ヤクルトワールドPart.19 感染症と排便習慣

ヤクルトワールドPart.18 「体の防衛軍」とリンパ組織

ヤクルトワールドPart.17 免疫細胞は「体の防衛軍」

ヤクルトワールドPart.16 免疫とワクチン

ヤクルトワールドPart.15 長期にわたるプロバイオティクスの継続飲用は、良好な腸内フローラを維持します

ヤクルトワールドPart.14 乳酸菌シロタ株は便秘(便の硬さや排便時のいきみ)を改善します

ヤクルトワールドPart.13 こげた肉などに含まれる発がん物質を体外に排出します

ヤクルトワールドPart.12 皮膚の水分を保ちます

ヤクルトワールドPart.11 ヤクルト菌はおなかの中の腐敗産物を減らします

ヤクルトワールドPart.10 消化液の殺菌作用 と 鍛えられたヤクルトの乳酸菌

ヤクルトワールドPart.9 腸の働きと便秘・軟便(下痢)改善について

ヤクルトワールドPart.8 プロバイオティクス

ヤクルトワールドPart.7 乳酸菌を使った食品の分類

ヤクルトワールドPart.6 代表的な乳酸菌の種類

ヤクルトワールドPart.5 腸内フローラを崩す要因

ヤクルトワールドPart.4 腸内フローラ

ヤクルトワールドPart.3 下痢について

ヤクルトワールドPart.2 便の形状と便秘の症状

ヤクルトワールドPart.1 生命に関わる大切な器官「腸」


TEL:0120-47-8960

FAX:028-656-6127

フォームでお問い合わせはコチラ