TOPICS
お知らせ

  • お知らせ
  • 全エリア共通

ヤクルトワールドPart.17 免疫細胞は「体の防衛軍」

免疫細胞は、自然免疫や適応免疫という仕組みの中でそれぞれ役割を分担し助け合って、私たちの体に害を及ぼすさまざまな敵(異物)と戦い、私たちの体を守ってくれています。つまり、防衛軍のような頼りになる存在なのです。

免疫細胞の戦い方は、3つの方法に分かれています。

①まるごと食べる

好中球やマクロファージは、侵入してきた細菌を見つけると、つかまえてまるごと飲み込んでしまいます。食べた細菌をバラバラに分解して、殺菌することもできます。

 

②自分らしさを失った細胞を排除する

ウイルスに感染してしまった細胞やがん細胞は、体の一部であったものが異常をきたした、いわば自分らしさを失った細胞です。早く取り除かないと、これらはどんどん増えてしまいます。NK細胞やキラーT細胞は、自分らしさを失った細胞やがん細胞だけを排除します。

 

③「抗体」をくっつける

抗体はウイルスにくっつき、細胞に侵入するのを阻止します。これでウイルスは増えることができなくなるのです。また、細菌の中には私たちの体にとって害になる毒素を作るものがあります。B細胞はこの細菌毒素にも抗体をくっつけて、毒素の影響を止めることができます。
さらに抗体は、細菌にくっつくことによって、マクロファージに「これを食べて」と伝える働きも持っています。マクロファージは抗体がくっついている細菌が大好物です。

 


ヤクルトワールドPart.16 免疫とワクチン

ヤクルトワールドPart.15 長期にわたるプロバイオティクスの継続飲用は、良好な腸内フローラを維持します

ヤクルトワールドPart.14 乳酸菌シロタ株は便秘(便の硬さや排便時のいきみ)を改善します

ヤクルトワールドPart.13 こげた肉などに含まれる発がん物質を体外に排出します

ヤクルトワールドPart.12 皮膚の水分を保ちます

ヤクルトワールドPart.11 ヤクルト菌はおなかの中の腐敗産物を減らします

ヤクルトワールドPart.10 消化液の殺菌作用 と 鍛えられたヤクルトの乳酸菌

ヤクルトワールドPart.9 腸の働きと便秘・軟便(下痢)改善について

ヤクルトワールドPart.8 プロバイオティクス

ヤクルトワールドPart.7 乳酸菌を使った食品の分類

ヤクルトワールドPart.6 代表的な乳酸菌の種類

ヤクルトワールドPart.5 腸内フローラを崩す要因

ヤクルトワールドPart.4 腸内フローラ

ヤクルトワールドPart.3 下痢について

ヤクルトワールドPart.2 便の形状と便秘の症状

ヤクルトワールドPart.1 生命に関わる大切な器官「腸」

——————————————————————————————————-

TEL:0120-47-8960

FAX:028-656-6127

フォームでお問い合わせはコチラ