TOPICS
お知らせ

  • お知らせ
  • 全エリア共通

ヤクルトワールドPart.15 長期にわたるプロバイオティクスの継続飲用は、良好な腸内フローラを維持します

普段から、乳酸菌シロタ株やビフィズス菌 BY株を飲用しているヤクルトレディと一般女性の腸内フローラを比較した結果、ヤクルトレディの腸内は、有用菌(※1)が多く、有害菌(※2)が少ないことがわかりました。

※1 有用菌:体によい働きをする菌
※2 有害菌:健康をむしばみ病気の原因となる菌

 

ヤクルトレディと一般女性の腸内フローラの違い(有用菌)

ヤクルトレディは、ビフィズス菌や乳酸桿菌などの有用菌が多いことがわかりました。

 

ヤクルトレディと一般女性の腸内フローラの違い(有害菌)

ヤクルトレディは、有害菌で知られるウェルシュ菌が少ないことがわかりました(左図)
ヤクルトレディは、有害菌で知られる黄色ブドウ球菌が検出される人の割合が少ないことがわかりました(右図)

 

試験に参加したヤクルトレディは、平均年齢45歳、勤続年数は平均して11年、プロバイオティクスを長期的に継続飲用してきた人ばかりです。試験では、排便状況についてもアンケート調査しており、ヤクルトレディの便性状(便の硬さ)は健康な状態であることも明らかとなりました。これらの結果は、プロバイオティクスの長期的かつ継続摂取が、腸内フローラを良好に保ち、排便状況についてもよい状態へ導くことを示しています。


ヤクルトワールドPart.14 乳酸菌シロタ株は便秘(便の硬さや排便時のいきみ)を改善します

ヤクルトワールドPart.13 こげた肉などに含まれる発がん物質を体外に排出します

ヤクルトワールドPart.12 皮膚の水分を保ちます

ヤクルトワールドPart.11 ヤクルト菌はおなかの中の腐敗産物を減らします

ヤクルトワールドPart.10 消化液の殺菌作用 と 鍛えられたヤクルトの乳酸菌

ヤクルトワールドPart.9 腸の働きと便秘・軟便(下痢)改善について

ヤクルトワールドPart.8 プロバイオティクス

ヤクルトワールドPart.7 乳酸菌を使った食品の分類

ヤクルトワールドPart.6 代表的な乳酸菌の種類

ヤクルトワールドPart.5 腸内フローラを崩す要因

ヤクルトワールドPart.4 腸内フローラ

ヤクルトワールドPart.3 下痢について

ヤクルトワールドPart.2 便の形状と便秘の症状

ヤクルトワールドPart.1 生命に関わる大切な器官「腸」

——————————————————————————————————-

TEL:0120-47-8960

FAX:028-656-6127

フォームでお問い合わせはコチラ